パソコンのスピードアップ方法

2022-06-24 Diane
DVDFabオールインワン
DVDFabオールインワン
25-In-1 AI搭載のDVD / Blu-ray / 4K UHD / ビデオ編集・変換ソルーション

今日は、ソフトを使わずに無料でお使いのWindows 10を高速化する方法をご紹介します。 では、早速チュートリアルを始めましょう。

speed up computer

ステップ1:電源オプション

スタートメニューで「電源オプション」を検索します。その結果、「電源オプション」が表示されるので、それをクリックします。すると、コントロールパネルの電源オプションウィンドウが表示されます。ここでは、デフォルトの電源プランが「バランス」に設定されているのがわかります。これをハイパフォーマンスに変更します。これで、電源オプションを閉じることができます。

ステップ2: 不要なスタートアッププログラムを無効にする

まず、タスクマネージャーを開きます。タスクマネージャーを表示する最も簡単な方法は、タスクバーの何もない場所をクリックして、ここからタスクマネージャーを選択することです。タスクマネージャーを表示したら、「スタートアップ」に移動して、システムの起動時に自動的に開始されるプログラムをすべて表示します。Windowsにプログラムをインストールすると、Windowsの起動時に実行される小さなプログラムが追加されることがあります。たくさんのソフトウェアをインストールした後、起動プロセスが遅くなることがあります。また、このプログラムはシステムのバックグラウンドで永遠に実行され、システムのパフォーマンスを低下させる原因となります。あまり使っていないプログラムがあれば、Windowsが起動するたびに起動する必要はないでしょう。そこで今回は、不要なスタートアッププログラムを無効にして、起動速度とシステムパフォーマンスを向上させる方法をご紹介します。ここには、日常的に使用するプログラムや、全く使用しないプログラムがたくさん表示されています。例えば、Skypeをあまり使わない人は、Skypeがシステム起動時に自動的に起動しないようにすることができます。また、普段使わないプログラムを無効にしたり、Microsoft社が公開しているプログラムを無効にしないようにしたりします。以上で全ての作業が終了しました。タスクマネージャーを閉じて、他の作業に移りましょう。

ステップ3: ドライブのデフラグと最適化

これを行うには、もう一度スタートメニューに行き、defragmentを検索して、defragment and optimize drivesをクリックしてください。通常はcドライブなので、「c\」を選択して「最適化」をクリックします。これで、システムドライブが最適化されているのがわかります。終了したら、これらのウィンドウを閉じることができます。

ステップ4:不要な一時ファイルの削除

スタートメニューを開き、Windowsのアイコンを右クリックします。スタートメニューから「Windows」アイコンを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択します。ここで「%temp%」と入力して「OK」をクリックすると、このフォルダが表示されます。その中のものをすべて選択し、削除します。このフォルダを閉じた後、Windowsのアイコンを右クリックして「run」を選択します。ここで、temp "t""e""m""p "と入力してOKをクリックすると、再びフォルダが表示され、次のようなダイアログボックスが表示されます。 続けてクリックします。そして、その中のファイルをすべて選択し、右クリックして削除します。もう一度実行して、今度は「Prefetch」と入力してください。OKをクリックしてください。このビデオで紹介したすべてのコマンドは、ビデオの説明に記載されています。このビデオを見終わった後に、それらをコピーして使うことができます。続けて、すべてを選択して削除し、その後、フォルダを閉じることができるでしょう。

ステップ5: メモリのクリーンアップ

ファイルエクスプローラーで、Windows 10がインストールされているシステムドライブ(Cドライブ)を右クリックし、プロパティを選択します。一般」タブに移動し、「ディスククリーンアップ」オプションが表示されますので、クリックしてファイルのスキャンを許可してください。スキャンが終了すると、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックすると、再度スキャンが行われます。OK」をクリックすると、「Are you sure to delete these files, Click on ok (delete files)」というメッセージが表示されます。心配しないでください。これは不要なファイルだけを削除するもので、今やっているのはシステム内のすべての不要なファイルのクリーニングです。これで、クリーニング作業は完了です。

Step 6:ランタイムサービスの削減

ランタイムサービスを減らすには、まずウィンドウズアイコンを右クリックしてランボックスを開き、「MSコンフィグ」と入力して「OK」をクリックすると、このような画面が表示されます。ここでは、「すべてのMicrosoftサービスを隠す」にチェックを入れます。これはとても重要なことで、重要なものを誤って削除してしまわないようにするためです。ですから、このオプションにチェックを入れて、OKをクリックしてください。

ステップ7:レジストリの調整

ここからは、Windows 10を高速化するためのレジストリの調整方法をご紹介します。まず最初に、ランボックスを起動します。Windowsアイコンを右クリックして、「ファイル名を指定して実行」を選択し、「Regedit」と入力して「OK」をクリックします。このウィンドウが表示されたら、HKEY Current useをクリックして、コントロールパネルに移動し、mouseフォルダをダブルクリックします。マウスホバー時間」のオプションをダブルクリックして、その値を10に変更し、「OK」をクリックします。次に、デスクトップフォルダをダブルクリックし、少し下にスクロールしてから、「マウスの表示遅延」をダブルクリックし、その値を10に変更してから、「OK」をクリックします。これで、マウスの応答時間が長くなりました。この変化を体験するには、システムを再起動する必要がありますが、再起動はもう少し後にしましょう。

ステップ8: 視覚効果

この最後のステップでは、Windows 10インターフェースのグラフィックパフォーマンスを無効にして、システムパフォーマンスを向上させる方法をご紹介します。注意していただきたいのは、ゲームのグラフィックやプログラムのグラフィックには影響を与えず、Windows 10 OSのグラフィックパフォーマンスを低下させるだけであるということです。最終的な判断はあなた次第ですが、ビデオのために、やり方をお見せしますので、試してみてください。スタットメニューに移動し、検索システムをクリックすると、このようなウィンドウが表示されます。左側の「高度なシステム設定」のハイパーリンクをクリックすると、このような小さなウィンドウが表示され、「パフォーマンス」「視覚効果」「プロセッサスケジューリング」「メモリ使用量」「仮想メモリ」の中に、この設定ボタンがあります。この設定は、基本的に、Windows 10を美しく見せるためのものであり、RAM、処理能力、グラフィックなど、コンピュータのリソースを使用する主なものです。最良のパフォーマンスに調整する」をクリックすると、自動的にこれらの設定のチェックが外されるのがわかります。必要に応じて、なくてはならないオプションを選択することもできます。例えば、私の場合、このオプションにチェックを入れたいと思います。Show shadows under the mouse pointer.以上で、編集作業は完了です。あとは適用とOKをクリックするだけです。それでは、適切なシステム再起動を行いましょう。


元に戻ります!以上、Windows 10を高速化する方法をご紹介しました。